So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2017年02月 |2017年03月 ブログトップ

腹横筋と脊柱起立筋のトレーニング

こんにちは。
『美脚思考』を読み進めていくと、「上半身の体重は上半身で支える」のコーナーで、腹横筋(ふくおうきん)と脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)という見慣れない言葉が出てきます。

腹横筋と脊柱起立筋、この二つの筋肉を意識して働かせることで、今まで下半身に預けていた上半身の重みを、上半身を使って支えることができます。

その結果、下半身の筋肉が必要以上にたくましくなった状態、下半身太りから、脱却できるのです。

また、骨盤のニュートラルポジションを叶えるためにもこの二つの筋肉は重要。

美脚になるために欠かせない筋肉たちなのです。

それは良いこととさっそくエクササイズに取りかかるのですが、本に載っている「ピラティスの呼吸法」、これがけっこう難しい。。

腹横筋と脊柱起立筋を意識して使用する呼吸法なのですが、出来てるのやら出来てないのやら判断がつかず

そもそもこの筋肉達はどこにあるの??

美脚インストラクターの吉永さんのように、カラダの隅々まで意識が行き届くには、まだまだ時間がかかりそうです。。

そこで、ピラティスの呼吸法の練習も続けつつ、もう一つエクササイズを…


プランクです。


体幹を鍛える有名なトレーニングです。ご存知のかたも多いはず。

このトレーニング、腹横筋と脊柱起立筋の両方を同時に鍛えられる優れもの。
特別な道具は必要ありません。

続けることで、「ピラティスの呼吸」と同様の効果が見込めます。

いえ、筋トレになるからそれ以上かも。。

やり方はこちら↓





nice!(0)  トラックバック(0) 

-|2017年02月 |2017年03月 ブログトップ