So-net無料ブログ作成

山本譲二 北島三郎との確執とは!? 不仲や共演NGのウワサの真相!!

演歌歌手、山本譲二さんと北島三郎さんとの間には、確執があったって本当?


二人が不仲で、共演NGとなっている、などのウワサがたっていますが、真相はどうなのでしょうか。
 
 






 
 

山本譲二 北島三郎 確執



山本譲二さんは2004年まで、紅白歌合戦に出ていました。
「みちのくひとり旅」以降、特にヒットした曲もなかった山本譲二さんが紅白に出続けられたのは、「北島三郎枠」があるからだという陰口を言う人たちもいましたが、泣かず飛ばずだった下積み時代がようやく報われた時期でもありました。


しかし、2005年から、北山たけしさんが紅白に出るようになり、山本譲二さんは選から漏れるようになりました。
北山たけしさんは、後に北島三郎さんの次女と結婚し、北島三郎さんの娘婿となる人です。


ウワサの通り、「北島三郎枠」が存在し、それが山本譲二さんから北山たけしさんに移ったのだとしたら…


山本譲二さんと北島三郎さんとの間に何か確執があったと考えられても不思議ではないですね。


しかしこれは、山本譲二さんとの確執ではなく、北島さんにとって、娘婿の北山たけしさんが可愛くて仕方がなかったため、紅白の座を渡したとも考えられています。


そして、山本譲二さんと北山たけしさんは、別に仲が悪いわけではありません。


北山たけしという芸名の山の字は、山本譲二さんから受け継いだように、北島ファミリー同士の信頼関係がそこにはあるようです。


なので、紅白の座を渡したことに関しても、山本譲二さんは、「北山くんなら仕方ねえ」くらいの考えなのではないかと思います。



北島三郎から「可愛くねえ!」と叱責!?



調べてみると、山本譲二さんは北島三郎さんから、「可愛くねえ!給料やらねえぞ!」と厳しい言葉を投げ掛けられたことがあるそうです。


これはどういうことでしょう?


山本譲二さんは、最初は全く売れない歌手でした。
「みちのくひとり旅」の大ヒット以降、トップ演歌歌手の仲間入りをした山本譲二さんは、急に偉そうな態度を取るようになり、ふんぞり返って話すようになったといいます。


調子にのっていた山本譲二さんを見た北島三郎さんは、
「ダメだ!襟を正せ!可愛くねえ、給料やらねえぞ!」
と叱責したといいます。


その言葉にハッとし、その後山本譲二さんは態度を改めたそうです。


山本譲二さんは、「自分を叱ってくれるのは女房と親父(北島三郎)だけだ」と語っており、北島三郎さんの叱責に対し、感謝の気持ちを持っていたことが分かります。



まとめ

以上のことから、山本譲二さんと北島三郎さんとの間には、仲違いしそうなエピソードはありますが、それ以上の信頼関係で結ばれているようです。


なので、確執はありそうでない、というのが今回の調査の結論です。


山本譲二さんは、今後も「北島ファミリー旗頭」として、北島三郎さんを支え続けていくのではないでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。