So-net無料ブログ作成
検索選択

堂本剛 突発性難聴で入院の病院は!?容態や原因と復帰を調査!

KinKi Kidsの堂本剛さんが、突発性難聴を患ってしまったことが、相方の堂本光一さんの口から公表されました。


突発性難聴…過去には浜崎あゆみさんや、サカナクションの山口一郎や、タレントの千原ジュニアさんなどもかかったことのある病気です。


今回は、堂本剛さんの入院先の病院はどこ?ということ、
難聴を患ってしまった原因、
容態はどのような感じで、復帰はいつになるのか、
といったことを調べました。
 
 






 
 

堂本剛 突発性難聴で入院の病院は?



堂本剛さんの入院先の病院は、現在分かっておりません。


堂本剛さんクラスの超人気タレントになると、いくら高い入院費を払ってでも、静かに療養できる病院を選ぶのではないでしょうか。


一説には、慶応大学病院は、芸能人が安心して利用するためのVIP病室が用意されているそうですので、今回も利用されているかもしれません。


また、同じ大学病院では、帝京大学病院は突発性難聴の治療で有名な病院のようです。


ただ、堂本剛が同じ病院に入院しているとなれば、病院内は大変な騒ぎになるでしょうから、普通よりもプライベートがしっかり守られる病院にいることは間違いありません。



いずれにせよ、最高の病院でゆっくりと療養してもらって、早く元気な姿を見せて欲しいです。



堂本剛さんの容態は?



気になる容態ですが、現在は歌うこともままならないとのこと。


突発性難聴は激しい痛みに襲われる上、自分の声が聴こえなくなっては、確かに歌うどころではありません。


堂本剛さんは、歌唱力に定評があるアーティストなので、歌が歌えないというのは相当なショックであると想像できます。


一週間ほどの入院が必要だと、相方の光一さんは話していましたが、堂本剛さんにとっては、不安と闘う辛い一週間になっていることと思います。陰ながら応援しています。


堂本剛 難聴の原因は?



突発性難聴の原因については、まだ明らかにはされていないようです。


ストレスや疲労、ウイルス感染などが原因ではないかと推測されています。


ストレスや疲労については、多忙を極めるKinKi Kidsですから、おそらく相当なものがあったのだろうと思います。


突発性難聴については、私たち全員がかかる可能性があるため、十分に注意が必要とのことです。


以前は40~50代の方に多い症状でしたが、最近は若い年齢の方にも増えているのだとか。
堂本剛さんも、38歳という年齢で発症しています。


現代のストレス社会が原因の一つなのかもしれません。


突発性難聴の容態としては、耳が「突然」聞こえなくなるということ。
このような症状が現れたら、すぐに病院に駆けつけるのが正解です。理想は48時間以内。早めの治療が今後の回復を決めるとのことです。



堂本剛 退院や復帰は?



堂本剛の退院や復帰はいつになるのか、とても気になるところです。


相方の光一さんの話によれば、大事をとって一週間ほど休みをいただくとのことだったので、退院は一週間後、7月5日あたりになるかと思われます。


復帰に関しては、今のところ情報もありませんし、目処もたっていません。


退院後すぐに復帰できるようならいいのですが、しばらくは安静にしてもらいたいというのも正直なところです。


とりあえずは、7月9日の「ブンブブーン」に登場してくれるかどうか、見守っていたいと思います。
 
 






 
 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0