So-net無料ブログ作成
検索選択

豊田商事事件 犯人は現在釈放!?再逮捕されたって本当??

豊田商事殺人事件の犯人は、現在は釈放されているはずですが、何かモヤモヤとしたものを感じさせる情報がいくつかあります。
 
 






 
 

豊田商事殺人事件の犯人の現在は釈放?



豊田商事殺人事件の犯人の二人ですが、どうやら釈放されたようです。


犯人の一人、矢野正計は、1989年3月から懲役8年、
もう一人の飯田篤郎は、1990年6月から懲役10年の刑に処されていました。


人を一人殺したの割には、とても軽い刑なようにも思えます。


しかし、被害者の永野社長の悪役ぶりが際立っていたため、この判決になりました。


釈放後ですが、犯人のつち一人は、釈放から時間がたった2012年末、別件で再逮捕されました。


それが矢野と飯田のどちらかということは分かっていません。


逮捕内容は、拳銃及び覚醒剤を中心とした事件とだけ知られています。


また、豊田商事事件の犯人が、近所で反社会的な暮らしかたをしている、という報告も、ネット上には上がっています。



これらを踏まえると、「この人たちを、こんな短い刑期で釈放して本当に良かったのか?」という疑問が湧いてきます。


この事件には色々な黒いウワサがあるようですが、その中の一つに、彼らは誰かから頼まれて殺人を犯し、報酬をもらっていた、というウワサがあります。


犯人の一人、飯田篤郎は、町工場を経営していました。


その町工場で働く高齢者の方々が、実際に豊田商事の詐欺に遭っていたようで、飯田に「許せない」という気持ちが芽生えたといいます。


一方で、事件後にはこんな報道も出ました。


飯田の町工場は、多額の借金を抱えていて、競売にかけられる寸前だったそうです。


しかし、事件後の飯田の口座には、借金と同じ額の金が振り込まれていたといいます。


このウワサが本当なら、これが正義の犯罪とは到底言えません。
懲役10年という判決も、全く妥当ではないということになります。



まとめ

豊田商事殺人事件の犯人は、現在は釈放されたが、うち一人は別件で再逮捕。


判決は軽く、どことなく正義の味方扱いをされた犯人たちだったが、その人間性には疑問符がつく。
 
 






 
 





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0